クロージング力で業界トップの成約率を達成!

クロージング力アップ Accept 

04-2926-7780
営業時間
平日 9:00〜17:00

お問い合わせはこちらへ

営業クロージング力を向上させるAccept

営業が主導権を握り、商談を有利に進めることでクロージング率を高める方法をアドバイスしています!

営業研修・コンサルティング
アクセプトのご紹介

8ステップセールスクロージング術グループセミナー
   7月20日(金)満員御礼! 今後の開催日程&内容 詳しくは ↑

組織として営業売上をアップする教育方法とは・・・

御社の営業スタッフは、

 獲れるはずの 貴重な契約 を

 取りこぼしてきていませんか・・・  

 

“ 売上げ向上に伸び悩む企業様 ”の多くは、

せっかく相当な 費用 や 労力 を費やして確保した、貴重な1件1件の商談において

“ 本来 取れるはずの貴重な契約を取りこぼしてしまっている( =成約率が低い )”

という状態にあります。

 

 そのため、目標の売上げを達成するためには、

多額の集客費用 を掛けて多くの商談数を確保しなければなりません。

 

 また、成約率が低い営業方法をさせ続けると、営業スタッフは、

“ 頑張っているのに、なかなか契約が取れない・・・ ” 

“ 断られて当たり前だから・・・ ” と、

契約が取れないことに慣れてしまい士気も低下してしまいます。

 

このような悪循環から抜け出すために営業教育をしているものの、

これといった根本的な改善ができないまま 売上げ確保 と 経費の増大 の間で

長い間課題を抱えている企業様は少なくありません。

成約率が低い営業方法を継続することによる負の連鎖

成約率が低いため
売上げ達成のために、
多額の集客費用を掛けて
商談数を確保する必要がある

「頑張っているのに、
 なかなか契約が取れない」
と、スタッフがストレスを抱え、
ノルマ達成への心身の負担が
大きくなる

“契約が取れないこと”に
慣れてしまい、
士気も低下して退職者が常に出る

教育コストが掛かる
せっかく教育しても十分な売上げを出す前に辞められる

なぜ、営業教育をしているのに成果が出ないのか・・?

それは、会社として、

“ 「この商品はこうすれば売れる」 という

  営業の手引き(売り方の指針)がないから ”です。 

 

この営業の手引きがない、もしくは、あっても

統一されていなければ、

営業スタッフそれぞれの売り方(話し方)はバラバラになり、

当然、売れる者と売れない者との開きが出てきます。

 

ある程度の 売り方の指針 があり、

それが営業トークマニュアルとして用意されていても、

実際には、その通りに真面目に頑張って営業しているのに、

なかなか売れずに困っている営業がたくさんいるのも事実です。

 

たいていは、会社に1人2人は優秀なトップセールスがいるものですが、

事実として、そのようなトップセールスは必ずといってよいほど、

会社から用意された営業トークマニュアル通りに実践いるわけではありません。

 

独自でネタを考えてトークを展開しています。

つまりは、そのように 能力が高く、自分で売れる営業方法(営業トーク)を

アレンジできる人は売れ、そうでない人は売れない、という

スタッフ個人の能力に依存した状態( 教育環境 )になっているということです。

 

そもそも、同じ会社内で同じ商品を扱っているのに、

スタッフによってあげることができる“契約数”や“売上げ額”に違いが出てくるのは

“ 売り方が違うから ”です。 

 

もちろん、行動量の違い(商談件数の違い)もありますが、

その結果の違いをもたらすもっとも大きな要因は“ 売り方の違い ”です。

 

ですから、営業スタッフそれぞれが、会社が求める一定以上の売上げを

あげられるようにするためには、貴重な1件1件の商談でそれぞれ好き勝手に

営業トークをさせてしまうのではなく、

会社としての“ 売るための指針 = こうすれば売れるようになるという手引き ”を

構築して、教育によって 全員で 効果的な営業方法を実践することが重要です。

 

私はコンサルティングにおいて、必ずまずはそのクライアントごとに

“ 売るための指針 ”として“売れる営業トークシナリオ”を構築し、

それからそれを正しく実践できるようにトレーニングや教育をしていますが、

まさにその取り組み方を“ 営業教育の仕組み ”として提供し、活用いただいています。

 

指導する上司や先輩の 経験談 からその指針が作られているため、

指導者によって 指導の仕方 や アドバイス、時には考え方そのものが

違ってきてしまい、結果もそれに左右されます。 

 

たとえ一人のカリスマ営業だった上司からの指導であっても、

“ その人だからできた営業方法 ” だったり、

「 昔はこうやって売れたから、あなたもやりなさい 」という指導では

スタッフに広く教育をするのには適していません。 

 

それでも十分な売上げを出すことができるものであれば良いのですが、もし、

 「 売れる人、売れない人が決まってしまっている 」 

「 なかなか安定した売り上げを出すことができていない 」

 「 一人前の結果を出すまでに時間が掛かっている 」

 「 ある程度売れるようにはなったが成長が止まっている 」

 「 もっと売れるはずだ 」 

という状態であれば、その営業教育の指針、つまりは

“ こうすれば売れるようになるという手引き ”の見直し、改善が必要です。

 

その 教育の指針 が明確になれば、 

営業で結果を出せるようになるためにやるべきこと( 取り組み内容 )が明確になり、

指導・教育をする側も、そのために指導すべきことが明確になります。

営業コンサルタント 赤嶺哲也 の強み

そもそも、スタッフ個々には個人差があるのは当然で、

その個人個人を一定レベルにまで育成していくことは

本当に大変な作業になります。 

 

これは、教育を担当した経験がある方なら

よくお分かりでしょう。 

 

そこで私は、

その個々のスタッフによる営業の質を上げること はもちろんのこと、

その 質の差をなくすために 営業トークマニュアルを使用し

そのマニュアル通りに実践するためのトレーニングをすることによって、

営業チーム全体としての売り上げアップのお手伝いをしています。

 

 大半の企業には、ある程度の営業マニュアルが存在していますが、

簡単な手順のみが書かれているだけのものが多いです。

 

実際に

「 うちにも会社で作られたマニュアルがあって、
  ロールプレイングの試験があるのですが、

  それに合格してその通りにお客様の所で話しても

   全く契約がとれないので教わりにきました。」 

と、コンサルティングを受けに来られる方多くいらっしゃいます。

 

そのように、会社からトークマニュアルが用意され、

その通りに実践するようにトレーニングがされていても、

結果的に売れずに困っている人はたくさんいます。

 

 たいていは、会社に1人2人は優秀なトップセールスがいるものですが、

事実として、そのようなトップセールスは必ずといってよいほど、

会社から用意されたマニュアル通りに実践いるわけではありません。

独自でネタを考えてトークを展開しています。

 

つまりは、そのように 能力が高く、自分で売れる営業方法(営業トーク)を

アレンジできる人は売れ、そうでない人は売れない、という

スタッフ個人の能力に依存した状態( 教育環境 )になっているということです。

 

 そもそも、同じ会社内で同じ商品を扱っているのに、

スタッフによってあげることができる“契約数”や“売上げ額”に違いが

出てくるのは“ 売り方が違うから ”です。 

 

もちろん、行動量の違い(商談件数の違い)もありますが、

その結果の違いをもたらすもっとも大きな要因は“ 売り方の違い ”です。

 

 ですから、営業スタッフそれぞれが、会社が求める一定以上の売上げを

あげられるようにするためには、貴重な1件1件の商談でそれぞれに

好き勝手に営業トークをさせてしまうのではなく、

 会社として

“ 売るための指針 = こうすれば売れるようになるという手引き ”を 構築して、

教育によって 全員で 効果的な営業方法を実践することが重要です。

 

 私はコンサルティングにおいて、

必ずまずはそのクライアントごとに

“ 売るための指針 ”として“売れる営業トークシナリオ”を構築し、

それから

それを正しく実践できるようにトレーニングや教育をしていますが、

まさにその取り組み方を“ 営業教育の仕組み ”として提供し、活用いただいています。

 

 そこで、そのように 営業スタッフ個々の能力に依存することなく、

営業チーム全体として高い営業力を発揮するために重要な役割を担う

“ 営業教育の仕組み作り ”の大切なポイントをお話したいと思います。

 

 “ 営業教育の仕組み ”とは 

・営業で “ 結果を出せるようになるためにやるべきこと ”

が明確になり、

・指導・教育をする側も、“ そのために指導すべきこと ”

が明確になる

 

 というものです。

法人様用( 経営者様、マネジメント様 )

  • 会社として、営業チームとして、高確率の営業法・テレアポ法を導入し、成果を上げられたい企業様

  • 会社、営業チーム から選抜者( 1名~3名 )のみ、営業・テレアポトークシナリオ作成 & 実践トレーニング を受けられたい企業様

経営者・マネージャー様 無料特別レポートの内容

  • なぜ、会社として時間と費用を掛けて営業スタッフの教育をしているのに、なかなか思うような成果がでないのか・・・
  • なぜ、一人のカリスマ営業だった上司から指導されても、なかなかスタッフに伝わらないのか
  • なぜ、営業教育のほとんどが、スタッフ個々の能力の違いによって結果に大きな差が出やすい状態 になっているのか
  • なぜ、多くの会社の売り上げは、優秀な2割の営業に依存する状態になってしまっているのか・・・ 
  • なぜ、平均レベルの営業スタッフは、その中位の枠から抜け出すことができないのか・・・

そして・・・​

  • 経営者・リーダーとして、どうすれば良いのか・・・。  
    =「2つの基本ルール」と「2つの実践方法」

など、売上げ向上に伸び悩む様々な企業様からあがってくる  疑問、課題について、

その解決方法をお話しています。

  ⇒【 経営者が失われた売上を取り戻す 商談戦略(無料レポート)】はこちらから

営業 個人様用(士業・コンサル・コーチ・講師業を含む)

  • 個人で セミナー、研修を受講し、高確率営業法・テレアポ法を習得して成果を上げたい方

  • コンサルタント赤嶺哲也から、直接、営業法・テレアポ法 のトレーニングを受けて成果を上げたい方 

セミナー・研修・コンサルティングサポートに関するご質問は、
お気軽に無料相談・お問合せをご利用ください

お電話での受付

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2926-7780

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

【成功トーク事例】から学べる
グループセミナーはこちら

Menu

代表プロフィール

アクセプト代表赤嶺哲也
代表 赤嶺哲也

・営業コンサルタント
・セールスコーチ

営業テレアポ研修風景

営業支援・営業研修Accept

04-2926-7780