テレアポの成功率を上げるコツ | 営業研修・営業トークプロデュースのアクセプト営業研修塾

 

テレアポの成功率は少しのコツでも変わります。


何事においても、成功をするためには、ある程度のコツが必要です。

それまで全く接点のなかった方( 個人 や 企業 )に対して、

電話で訪問の約束を取るテレアポの仕事というのは、

けっして簡単なものではありませんので、なおさら、

成功するためのコツが必要になってきます。


当然のことながら、毎回、行き当たりばったり で話をしてしまって

いるようでは、なかなか成功することはできません。


また、たとえ1度や2度成功することができたとしても、

それがなぜ成功につながったのか、という要因を分析することもできません。

つまりは、テレアポで成功率を着実に上げていくためには、

テレアポならではのノウハウやコツを盛り込んで作られた

トークスクリプトを事前に用意しておくことが重要になってきます。 



しかし一度でも、そのトークスクリプトでの実践を通じて、

テレアポ成功のコツ をつかむことができれば、

相手の方の反応の変化も手に取るように分かるようになり、

その後の、更なる成功率アップのためのテレアポトークの改良 

自分でできるようになっていくものです。


 

実践と改善を繰り返し、テレアポ成功のコツをつかむ


テレアポに限らず、営業全般において言えることですが、

まずは、自社が提供している商品やサービスに対する知識を十分につけて、

その良さを効果的に伝えることができるトークスクリプトを用意することが、

テレアポ成功のコツとなります。 


そして、次に、

そのテレアポ用のトークスクリプト通りに話をする練習をすること。

当然のことながら、どんなに優れたトークスクリプトであっても、

棒読みでは全く意味がありません。

その際には、下記のページでお伝えしている 

“ テレアポの成功率を上げるための7つのコツ ” を参考にし、

とにかく、正しいトーンで話せるように練習をしていただければと思います。

 


⇒ テレアポの成功率を上げる トークの7つのコツ とは・・・。


 

また、テレアポにおいては、どんなに入念に事前準備をして実践したとしても、

やはり実際に掛けてみるまでは相手の方がどのような人なのか分からないものです。


ですので、ある程度の件数をかけ、それぞれの相手の方から得られた様々な反応から、

“ 断り文句 ” や “ ネガティブな反応 ” に対する対処法のコツを検討するのも不可欠です。


そのようなテレアポトーク実践後の検証は、成功率を高めていく上で

とても重要であり、そのような検証や改善をすることなく、

同じ方法で何十件も掛け続けても、気力も体力も無駄にすることになりますので、

PDCA( 手法検討 ⇒ 実践 ⇒ 検証 ⇒ 改良 )のサイクルは、

継続的におこなっていきましょう。


何事においても「 慣れ 」は必要ですが、

けっして、“ 断られること ” に慣れてはいけません。


常に改良を繰り返し、改良をすることで成功率を上げ、

“ 成功すること ” に慣れていきましょう。


そのように “ 成功体験 ” を積み重ね、テレアポのコツをつかんで

いくことができると、難易度の高いアプローチ先を相手にした場合でも、

常に成功を信じながら、ポジティブな姿勢をもって実践をすることができるように

なるものです。 

是非、このような テレアポの成功パターンを築き上げるための

“ P D C A ” サイクルを身につけて、テレアポでのアポイント成功率を

着実に上げていっていただければと思います。

 


⇒ テレアポの成功率を上げる トークの7つのコツ とは・・・。